賃金業法は、お金を貸付する際に決められた利息で貸付を行う事を義務付けている法律ですが、この賃金業法は、平成18年12月20日公布が行なわれ、その4年後の、平成22年6月18日に完全施行されました。


賃金業法では、利息制限法の上限金利を超えての貸付は違法と言う事になっています。

資金繰りのサイトが登場しました。

また、従来の出資法も、29.2%から利息制限法の上限金利まで引き下げられ、賃金業法が施行される以前、消費者金融が利用していたグレーゾーン金利は廃止されています。従来の法律には、利息制限法と出資法の2つの上限金利が存在しており、利息制限法を超えている出資法は、見なし弁済規定によりこれを超えなければ貸付を可能としていたのです。


しかしながら、利息制限法の上限金利を超えている事は、過払いと言う形になります。

そのため、過払い金返還請求を行う人が多くいることからも、従来存在していた消費者金融の多くは破綻や合併などをしています。


過払い金は、長い期間借金をしている人ほど多く発生していると言われています。

まず、自分が過払い金が発生しているかどうかを確認するためにも、無料電話相談を利用して確認をして見る事が大切です。

無料電話相談と言うのは、弁護士や司法書士などが無料で行うもので、無料電話相談を利用する事で、自分がどれくらいの過払い金が発生しているのかが解ると言うものです。

障害者の支援の情報が詰まったサイトです。

実際の額と言うのは、債権者に対して、取引履歴の開示を求め、引き直し計算を行う必要があります。