ニキビ体質は遺伝するのか

ニキビは思春期の勲章ともいいますが、実際は悩んでいる人が多いです。
顔中にニキビができると見た目が悪いだけでなく、炎症を起こして痒かったり痛かったり大変です。


遺伝が原因とは言い切れませんが、ニキビができやすい体質の遺伝は原因の一つとなっています。

そもそもニキビは皮脂を分泌する毛孔が詰まって炎症を起こして発生します。

そこで、よくやりがちな間違いが過剰な洗顔です。

確かに皮脂の過剰分泌が問題ですが、洗顔によって必要な皮脂まで落としてしまうと、肌が乾燥したと勘違いして皮脂の分泌がかえって過剰になり、負のスパイラルに陥ってしまいます。ニキビを本気で治療したいなら、クリニックの受診がお勧めです。


最近では色々な治療法があるので、医師の診断に従うのがいいでしょう。しかし、根本的に治したいなら自分の生活スタイルから変える必要があります。
特に食事内容です。

自分の身体は食べたものによって作られることを忘れてはなりません。



脂っこい食事や、糖分を多く含んだ食べ物の過度な摂取を避け、ビタミンCを積極的に摂るのがいいでしょう。



また、自律神経の乱れも影響しているので、なるべくストレスを溜めない生活を送ることも大切です。

ただし、生活を改善したからといって、すぐに症状が治まるわけではありません。



早くて数ヶ月長ければ数年かかるかもしれません。

遺伝によるから仕方ないと諦めるのではなく、まず日々の生活の改善から始めるのがいいでしょう。